カステラ・ロールカステラ専門店 京都 三源庵のブログ

京都 三源庵 トップページ » ブログ » 日々の雑感

日々の雑感

三源庵カステラの端の美味しさの秘密

2017年8月14日  三源庵

お盆中はマルイ店の店頭に毎日立っています。
帰省や夏休みでいつも以上にたくさんの方が京都に来られていますね。

お持たせや、お供えに使っていただいたり、常温で日持ちするカステラならではの
用途が確かにあります。

また夏は親戚も集まって大人数になるからって、みんなで分けられるお得なスイーツが欲しいというお客様もやはりいらっしゃいます。
となると、やっぱりアレですよ、カステラの切り落とし!ですよね。

端っことか規格外品の詰め合わせにした三源庵のお買い得品です。
あるお客様たちの会話の中でこんな内容が聞こえてきます。

「あなた知ってる?カステラはね、端が美味しいのよ端が!」
「へ〜蜜っぽいところがあるし、味が濃いんかな〜」
「やっぱり通の私は端よね!」

…いや、まぁそうなんですよ

確かに端っこは泡切りをした時に集まる蜜や味の濃い部分があり、
正規品とはまた違った味わいになります。
同じ端でも食パンの耳なんかとは似て非なるものですよ。
しっとりしていてこの価格でこの贅沢感、なかなかないと思います。

ただこれだけはお伝えしておきます。
三源庵のカステラの端が何故美味しいと言われるのか、

それは

『美味しいカステラの端は、
より美味しいカステラからしか生まれない!』

はい、シンプルですがそれが全てです。
お客様の会話にも入ってそのようにご説明をさせていただきました。

是非ハレの日や特別な日のおやつには三源庵のカステラを
お召し上がりくださいませ。

(ちなみにこのお客様は大変味を気に入ってくださり、次回特選カステラを贈り物に使ってくださるとのこと、有難うございます)

2017年8月7日  三源庵

おはようございます。

台風5号が本州に接近、今日の京都は一日荒れ模様です。

 

今年は何かと蜂の巣除去を頼まれることが多いなぁと、

私カステラ屋なんですけど、どうも前職の名残なのか、こういった類の頼まれごとも少なからず

ございまして。

 

台風が来ますと、風通りの良いところに巣食っている蜂の巣は落ちたり、巣作りを断念したりと、

上記のような私の仕事は少なくなるわけで、もう少し早めにこういう天気になってくれればなんて思ったり。

 

 

ただ蜂の巣がなくなり、蜂自体があまりいなくなるとそれはそれで良いことばかりではなくて、

天敵がいなくなったことをいいことに、ここぞと毛虫や害虫がわんさと大発生、大事な花木を

枯らしてしまうこともございます。

 

多すぎても、少なすぎても駄目で、それぞれのバランスが密接に絡み合って、

絶妙なところで成り立っているもんだと感心します。

 

何も蜂のことだけでなく、身の回りで起こること、成り立っていること、

万物に言えることなんでしょうけど、目に見えぬ糸で色んなものとつながっていますね。

 

もちろん自分が今ここに在ることだって自然の絶妙なバランスの上で

成り立っていることなんだろうと思っています。

来週には盆に入りますから、日々の当り前を神前、仏前に感謝しに行くこととしましょうか。

蜂一匹から思いふけってしまい、確実に歳をとったなと自分自身につい笑ってしまいました。

我が子に食べさせても安心と思うものを…

2017年2月16日  三源庵

こんにちは、三源庵の山田です。

日頃足を運ぶスーパーやコンビニエンスストアでは健康を謳う商品がどんどん増えて、

特定保健用食品(トクホ)や糖質オフなど色々な形でお客さまにアプローチしていますよね。

それだけみんなの健康に対する意識が上がってきているということだし、

食べて健康になるというのは中国の言葉でも医食同源なんてものがあるぐらいですから

良いことだと思っています。

ただこれさえ食べれば健康が保てる、なんていう勘違いを生むようで、

やはり健康というのは摂取するもののバランスであり、

日頃どんなものを食べているかということでしょう。

 

 

 

私は家でお菓子を作って子供に与えるときに、職業柄どうしても原料がどんなもので、

どこで採れて、どういう所で作られたものかを調べてしまいます。

結構手間がかかりますし、中にはどんなあまりよくわからない物にも出くわしたりします。

全てが全て、完璧なものっていうのはなかなか難しいのかもしれません。

 

それでもこの食材が、この子の血となり骨となるのだと思うと、

出来る限り安心安全で確かなものをというのが親の思いなのでしょう。

 

その考えと思いは三源庵の菓子作りにももちろん反映されています。

お客様の身体の一部となっていく私たちの菓子は、

安心と安全をお約束します。

 

ただ、くれぐれも食べすぎにはご注意くださいね。