カステラ・ロールカステラ専門店 京都 三源庵のブログ

京都 三源庵 トップページ » ブログ » 三源庵カステラの端の美味しさの秘密

三源庵カステラの端の美味しさの秘密

2017年8月14日  三源庵

お盆中はマルイ店の店頭に毎日立っています。
帰省や夏休みでいつも以上にたくさんの方が京都に来られていますね。

お持たせや、お供えに使っていただいたり、常温で日持ちするカステラならではの
用途が確かにあります。

また夏は親戚も集まって大人数になるからって、みんなで分けられるお得なスイーツが欲しいというお客様もやはりいらっしゃいます。
となると、やっぱりアレですよ、カステラの切り落とし!ですよね。

端っことか規格外品の詰め合わせにした三源庵のお買い得品です。
あるお客様たちの会話の中でこんな内容が聞こえてきます。

「あなた知ってる?カステラはね、端が美味しいのよ端が!」
「へ〜蜜っぽいところがあるし、味が濃いんかな〜」
「やっぱり通の私は端よね!」

…いや、まぁそうなんですよ

確かに端っこは泡切りをした時に集まる蜜や味の濃い部分があり、
正規品とはまた違った味わいになります。
同じ端でも食パンの耳なんかとは似て非なるものですよ。
しっとりしていてこの価格でこの贅沢感、なかなかないと思います。

ただこれだけはお伝えしておきます。
三源庵のカステラの端が何故美味しいと言われるのか、

それは

『美味しいカステラの端は、
より美味しいカステラからしか生まれない!』

はい、シンプルですがそれが全てです。
お客様の会話にも入ってそのようにご説明をさせていただきました。

是非ハレの日や特別な日のおやつには三源庵のカステラを
お召し上がりくださいませ。

(ちなみにこのお客様は大変味を気に入ってくださり、次回特選カステラを贈り物に使ってくださるとのこと、有難うございます)